披露宴の引き出物について - ゲストに喜ばれる引き出物の選び方

披露宴の引き出物について

結婚式で披露宴も行う場合に重要になってくるのが参列してくださったゲストに渡す引き出物です。


この引き出物はご祝儀を頂いたこと、披露宴に列席していただいたことへの感謝の気持ちとしてゲストの人に持って帰って頂きお礼の品です。

そのため、その人に合わせたものを選ぶ必要があります。



最近の引き出物はカタログギフトが人気ではありますが、それ以外でもその人にあった品物をメインの品として入れる方も多くいます。
また地域によってまちまちではありますがメインの品物にプラスして1、2品を入れておくのがマナーとされています。都内ではだいたいメインの品にプラスしてお祝いのお菓子や鰹節・お茶漬けのもとなどを1つつける場合が多いですが郊外では、2品つける場合が一般的と言えます。

また、ご祝儀の額や相手が自分にとってどのような立場の人かによって中に入れる品物のランクも変わってきます。
当然、上司には友人と同じレベルのものでは失礼にあたる場合もありますのでレベルを変えるなどの対応が必要だと言えます。
最近では式場が提示している品物以外のものを持込むことが出来る式場も多くあります。



そのため、お酒が好きな上司にはお酒を入れるなどといった対応も可能です。

ですが、引き出物は持って帰る必要がありますので、持ち帰る際にゲストの方に負担になることがないように、あまり重いものをたくさん入れておかない方がゲストの方が持ち運びやすいため良いと言えます。