引き出物の歴史と移り変わり - ゲストに喜ばれる引き出物の選び方

引き出物の歴史と移り変わり

引き出物とは、結婚披露宴に出席してくれた方たちに幸せのおすそ分けとお祝いをいただいたお礼の意味をこめてカタログギフトや品物を贈ることをさしています。



近年は、賞味期限に関係なく出席者の好きなものを選ぶことができるカタログギフトが引き出物の主流になっていますが、時代によって意味合いや品物は変わってきています。

引き出物の風習は古く、起源は平安時代にまで遡ります。



平安時代の中期に貴族たちの宴に集まった客人たちに馬をお土産に渡す習慣が現代の披露宴での引き出物の原型になったといわれています。


時代がすすむと、馬代という名前で金品をかわりに贈るようになっていきます。

バブル期になると結婚式披露宴も豪華になっていき、それに伴って引き出物の内容も豪華なものが選ばれるようになりました。家電製品やブランド物の食器など重たくかさばるものが選ばれていました。
この当時は、重たいものほど華やかな結婚式のお土産にふさわしいと考えられていたためです。

しかし、近年は遠方から駆け付けた招待客の負担を考えて、食器などの重たいものは敬遠されるようになりました。



そのため、持ち運びが楽なカタログギフトやお菓子などが好まれるようになりました。

最近は、結婚式ではあえて渡さず、披露宴後に招待客の自宅に配送するサービスを利用する新郎新婦も増えています。
カタログギフトの中でも、年代に関わらず好まれるのが高級グルメやブランド米などです。食材のような消えものがだいたい評判がよいようです。